PR

ニュース 国際

各国国防相ら「北問題」「中国海洋進出」を議論 アジア安保会議開幕

「アジア安全保障会議」が開かれるシンガポール中心部のシャングリラ・ホテル=1日(共同)
Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】アジア太平洋地域の安全保障について各国の閣僚らが意見交換するアジア安全保障会議(シャングリラ対話)が1日、シンガポールで開幕した。同国では12日に米朝首脳会談が開かれる可能性があり、朝鮮半島の平和構築をめぐる活発な議論が、3日の閉幕まで展開される見通しだ。

 約40カ国から約600人が参加。小野寺五典防衛相や韓国の宋永武国防相らは2日、「北朝鮮危機の緩和」を議題に発言する。

 インドのモディ首相が1日、基調講演する。5月30日にはインドネシアを訪問してジョコ大統領と会談し、インド太平洋地域での海洋協力の強化で一致している。講演でも、同地域での海洋進出を強化する中国を牽制する見通しだ。

 6月2日には、マティス米国防長官が講演し、北朝鮮に完全非核化まで圧力を加える姿勢を強調するとみられる。

 中国からは、昨年に続き軍シンクタンク、軍事科学院の何雷副院長(中将)が参加。過去の国防相や統合参謀部副参謀長に比べ格が下の代表団派遣となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ