PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】国連北制裁委員会、対北制裁の維持を確認 

Messenger

 【ニューヨーク=上塚真由】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は30日、定例会合を非公開で開催した。制裁委員会の議長を務めるオランダのファンオーストロム国連大使によると、米朝首脳会談に向けて米朝の大詰めの協議が進む中、安保理は北朝鮮への圧力を継続していく方針を確認した。

 北朝鮮制裁委員会は、対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する安保理の下部組織。ファンオーストロム氏は、30日のニューヨークでのポンペオ国務長官と、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長の会談も話題に上ったと明らかにし、「北朝鮮への圧力を維持し、政治的プロセスに関与させることが重要だというのが、(会合の)全般的な雰囲気だった。制裁委員会の仕事は続いていく」と述べた。また、「この時点で制裁を緩和すべきだという議論は出なかった。制裁の完全履行が、われわれが目指すスローガンだ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ