PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】ポンペオ米国務長官、金英哲両氏がNYで夕食会

 北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(左)と握手するポンペオ米国務長官=30日、米ニューヨーク(ポンペオ氏のツイッターから・共同)
Messenger

 【ニューヨーク=加納宏幸、上塚真由】ポンペオ米国務長官は30日夜、ニューヨークで北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長との夕食会に臨み、6月12日のシンガポールでの米朝首脳会談開催を目指し、大詰めの調整に入った。非核化や体制保証の合意内容を中心に協議を始めたとみられる。金氏は金正恩朝鮮労働党委員長の側近で、南北首脳会談などにも同席したキーマンだ。

 ポンペオ、金英哲両氏は31日までニューヨークに滞在して協議を続ける。サンダース大統領報道官が30日の記者会見で明らかにした。トランプ大統領は24日、金委員長に宛てた書簡で北朝鮮が「猛烈な怒りと露骨な敵意」を示したとして首脳会談の中止を通告した。金英哲氏がポンペオ氏に金委員長のメッセージを伝える可能性がある。

 サンダース氏は、米朝首脳会談に関し、「6月12日に開くことを期待し、準備を進めている」としつつも、別の日の開催でも対応が可能だと述べた。また、板門店やシンガポールで米朝両政府の実務者が行っている協議も、「完全な非核化と検証」という目標に向けて前向きに続けられていると強調した。

 金英哲氏は30日午後、北京から空路でニューヨークに到着し、厳重な警備体制が敷かれる中、国連本部近くのホテルを経て夕食会場に入った。2000年10月に趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委員会第1副委員長が金正日総書記の特使としてワシントンでクリントン大統領、オルブライト国務長官(いずれも当時)と会談して以来、最高位の訪米だ。

 米政府は、金英哲氏が工作機関トップの偵察総局長を務めていた10年、兵器取引などに関わったとして独自制裁の対象に指定しており、例外的に入国を許可したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ