PR

ニュース 国際

ロシアの「射殺」された記者、実は生きていた ウクライナ当局が暗殺阻止の「特殊作戦」と発表

30日、記者会見に現れたロシア出身のジャーナリスト、バブチェンコ氏(中央)=ウクライナ・キエフ(ロイター=共同)
Messenger

 【モスクワ=遠藤良介】ウクライナ治安当局は29日、ロシア人ジャーナリストのアルカジー・バブチェンコ氏(41)が首都キエフで何者かに射殺されたと発表した。しかし、30日になって、これはロシア特務機関がバブチェンコ氏暗殺を計画しているとの情報を受けた「特殊作戦」で、バブチェンコ氏は生存していると発表を翻した。

 バブチェンコ氏はロシア有数の戦場・軍事ジャーナリスト。ロシアによるウクライナ軍事介入やシリア内戦への加担をめぐり、プーチン政権を強く批判していた。昨年2月に身の危険を理由に出国し、同年8月からキエフに居住している。

 キエフの警察は29日夜、バブチェンコ氏が自宅玄関付近で射殺されたとする詳細な情報を発表。グロイスマン首相ら高官が談話を出した。プーチン政権に批判的なロシア人ジャーナリストが殺害される事件が多発しているため、発表内容は世界で報じられた。

 しかし、ウクライナ保安局(SBU)のグリツァク長官は30日、発表は暗殺阻止と捜査のための「作戦」だったと記者会見で説明。殺害を計画していた容疑者はキエフ市内で拘束されたと発表した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ