PR

ニュース 国際

ベルギーでイスラム過激派テロか 警官ら3人死亡、実行犯「神は偉大なり」と叫び発砲

29日、ベルギー・リエージュで発生した銃撃事件の現場を調べる警察官ら(AP)
Messenger

 【パリ=三井美奈】ベルギー東部リエージュで29日、男が巡回中の警察官に発砲し、少なくとも計3人が死亡した。公共放送RTBFは、イスラム過激派による犯行の可能性が強いと報じた。

 同放送によると、警察官を射殺する直前、容疑者の男がアラビア語で「神は偉大なり」と叫んだという証言があるという。

 地元メディアによると、事件は政府機関や飲食店が集中するリエージュの大通りで発生した。容疑者はカフェ付近にいた2人の警官を射殺。付近で車を運転していた民間人も巻き込まれて死亡した。

 容疑者はその後、道路沿いの高校に向かい、学校職員の女性一人を人質にとって付近のビルに立て籠もった。約30分後、容疑者は警察官に射たれ、その場で死亡した。

 リエージュはベルギー第4の都市で、日本人に人気のベルギー・ワッフルの発祥地。中世の面影を残す教会や修道院が多く、観光客にも人気がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ