PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】金正恩氏なりふり構わぬ対話要請 “仲介役”文在寅氏は面目躍如

26日、板門店の北朝鮮側施設で握手する韓国の文在寅大統領(中央右)と金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】26日に行われた南北首脳会談の開催を、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が前日に求めていたことが、韓国の文在寅大統領によって明らかにされた。トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表した翌日でもあり、トランプ氏の電撃発言に衝撃を受けた金氏の強い焦りがうかがえる。

 文氏は27日、南北首脳会談の結果発表で「25日午後に金氏が、形にとらわれずに会いたいと伝えてきた」と述べた。トランプ氏の米朝会談中止通告からまる1日もたっていなかったとみられ、なりふり構わない韓国への要請には、事態を深刻に受け止めた金氏の動揺ぶりが露骨に出ている。

 また、急遽実現した文氏との会談で金氏は「非核化に北朝鮮が応じた場合、米国が確実に(対北)敵対関係を終息させ体制を保証するのかを心配しているようだった」(文氏)という。「会談中止」の表明で対北武力行使の準備に言及した米国を、自らの体制維持を最優先とする金氏が相当、恐れている様子も分かる。

 南北首脳会談はこれまで実現に至るまでの道のりが困難を極めた。だが、今回の「電撃的に行われた会談」(北朝鮮メディア)で、金氏の意向次第では、いつでも形にとらわれない会談が可能であることが証明された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ