PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】南北首脳会談で友好演出 「金正恩委員長と共に!」と文在寅大統領が署名 金氏が拍手する一幕も

26日、板門店で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
Messenger

 満面の笑みで抱き合い、再会を喜び合った。26日、板門店で極秘に行われた南北首脳会談。北朝鮮の朝鮮中央テレビが27日に放送した会談の映像は、流動化している米朝首脳会談の実現に向け、協力を確認した両首脳の友好ムードを映し出した。

 約1カ月前に金正恩朝鮮労働党委員長が徒歩で越えた南北軍事境界線を、文在寅大統領は車で通過し北朝鮮側施設「統一閣」に到着。赤いカーペットの上に立った正恩氏の妹の金与正党第1副部長が笑顔で出迎えた。

 文氏は統一閣のロビーで待ち受けていた正恩氏と固く握手しながら、しばし言葉を交わした。芳名録に「朝鮮半島の平和と繁栄」「金正恩委員長と共に!」と書き込むと、そばで見守った正恩氏は拍手で歓迎した。

 会談の席には水面下で南北間の調整を主導する韓国の徐薫国家情報院長と北朝鮮の金英哲党副委員長だけが同席。両首脳は終始和やかな雰囲気で話し合い、正恩氏が時折、真剣な面持ちで発言する姿も見られた。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ