PR

ニュース 国際

アイルランドで中絶合法化、賛成派勝利 国民投票で

26日、アイルランド・ダブリンで、人工妊娠中絶を巡る国民投票結果を喜ぶ女性(ロイター)
Messenger

 人工妊娠中絶の合法化の是非を問うアイルランドの国民投票は26日、開票結果が発表され、賛成票の得票率66・4%、反対票33・6%で賛成派が勝利した。バラッカー首相は中絶を禁じる憲法の規定を撤廃し、年内に妊娠12週未満の中絶を容認する方向で法整備を進める。

 開票結果の発表会場となった首都ダブリンのダブリン城には賛成派の市民ら数千人が詰め掛け、歌を歌ったり抱き合ったりして喜びを分かち合った。

 バラッカー氏は「アイルランドにとって歴史的な日。静かな革命が起きた」と声明を読み上げた後「もう(中絶のために)1人で海外に行くことも、恥だと思うことも、孤独を感じることもない」と語った。

 公共放送RTEによると、中絶を容認する法案は最終的には議会の承認が必要となるが、主要政党の党首は賛成を支持しており反発は少ないとみられる。

 アイルランドはカトリック教徒が多数を占め西欧で最も保守的とされてきた国。有権者数は約336万人。投票率は64・1%で、国内40選挙区のうち北部の1選挙区を除いて全域で賛成が上回った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ