PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】金正恩氏が元山を視察、観光地区の来春完工を指示…米朝会談成功見越す? 外国報道陣とニアミスも

江原道の元山葛麻海岸観光地区の建設現場を視察する金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が26日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮メディアは26日、金正恩朝鮮労働党委員長が東部、元山(ウォンサン)の「元山葛麻(カルマ)海岸観光地区」の建設現場を視察したことを報じた。トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を通告した直後の25日の視察とみられる。翌日には、韓国の文在寅大統領との電撃的な再会談に踏み切っており、金正恩氏にとって中止通告がどれだけ想定外で、衝撃が大きかったかを物語っている。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は視察で、ハイペースで進む工事を「奇跡」だと称賛し、「世界に二つとない海岸都市を立派に造ろう」と現場関係者らを鼓舞。来年4月15日の金日成主席生誕記念日までに完工するよう指示したという。

 金正恩氏は、近隣の馬息嶺(マシンリョン)スキー場と合わせ、元山の開発に力を入れ、元日の「新年の辞」でも同地区の整備を短期間で終えるよう指示していた。海外から観光客を呼び込み、外貨を得る計画だったが、国際社会の制裁で目算が外れた。

 制裁を解くには、米朝会談を成功させる必要があった。金正恩氏が地方視察に出向いていたことからも会談開催は信じて疑わず、トランプ氏から不意打ちを食らった状況が浮かぶ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ