PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】文在寅氏と金正恩氏が板門店で再会談

26日、板門店で会談した韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で首脳会談を実施した。韓国大統領府が発表した。トランプ米大統領が24日、シンガポールで6月12日に予定していた米朝首脳会談の中止を表明したことに対し、電撃的な南北会談によって対応策を協議し、米朝会談実現に向け協力を確認したもようだ。

 文氏と金正恩氏の会談は4月27日に板門店の韓国側施設「平和の家」で行われて以来、2回目。米朝会談が万一、流れる事態に対する両首脳の強い危機感の表れとみられる。

 大統領府によると、5月26日の会談は午後3時から約2時間行われた。大統領府は、前回の南北会談で合意した「板門店宣言の履行と米朝首脳会談の成功のため、虚心坦懐に意見を交わした」とし、会談の詳しい結果は27日午前に文氏が直接発表すると説明した。

 会談には、南北の調整役を担ってきた韓国の徐薫国家情報院長と北朝鮮の金英哲党副委員長が同席。統一閣に着いた文氏を金正恩氏の妹、金与正氏が出迎えたという。会談後、両首脳は抱擁して別れた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ