PR

ニュース 国際

【私の拉致取材特別編(4)】涙がかれるほど泣いた母「水面下でも、何でも、やっていただきたい」

Messenger

 阿部「全国に解決を願う方たちがいらっしゃる。国民は拉致のことを理解している。だからなんで解決しないのか、と」

 早紀江「だから、きつい言葉が出てしまうんです。『なんでこんな仕事(政治家)に就こうと思われるんですかね』と」

 阿部「極端にいえば、裏取引でもかまわないです。相手はとんでもない国だと分かっている。こちらも、やるべきところをやって挑まないといけない」

 早紀江「日本には賢い方がたくさんいらっしゃる。弁論の立つ人、こわもての人、知恵がある人、やさしく語りかけられる方。安倍(晋三)首相に選んでいただき、水面下でも、何でも、やっていただきたい。(事態が)動かないから余計に訳が分からなくなってきます」

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ