産経ニュース

【激動・朝鮮半島】北の外務次官「米朝会談再考を最高指導部に提起する」 ペンス氏非難の談話

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
北の外務次官「米朝会談再考を最高指導部に提起する」 ペンス氏非難の談話

北朝鮮外務省の崔善姫外務次官(黒川信雄撮影)。 北朝鮮外務省の崔善姫外務次官(黒川信雄撮影)。

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は24日、北朝鮮がリビアの前轍を踏み得るとしたペンス米副大統領の発言に反発し、「米国がわれわれの善意を冒涜し、非道に振る舞い続けるなら、米朝首脳会談の再考を最高指導部に提起する」と談話で警告した。朝鮮中央通信が報じた。

 崔氏は対米外交を担当する女性高官で、北朝鮮高官が6月12日に開催予定の米朝首脳会談の見直しに言及するのは、金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官の今月16日の談話に続いて2回目。

 崔氏は、トランプ政権の中心人物から「核保有国であるわが国」と核開発を放棄後に独裁体制が崩壊したリビアを比べる発言が相次ぐことを強く非難し、「会談場で会うか、核対核の対決の場で会うかは全て米国の決心と振る舞いにかかっている」と主張した。

「ニュース」のランキング