PR

ニュース 国際

【私の拉致取材特別編(1)】メディアの「不報」を悔やむ…「日本社会全体もこの異様な歴史を忘れてはいけない」

元産経新聞記者の阿部雅美さん(右)と対談する横田滋さん(中央)、早紀江さん夫妻=4日午後、川崎市川崎区(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 産経新聞の長期連載「私の拉致取材 40年目の検証」の筆者、阿部雅美元産経新聞社会部記者が今年3月、拉致被害者、横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の両親、横田滋さん(85)、早紀江さん(82)に取材した。阿部氏と早紀江さんの取材でのやり取りのダイジェストを6回に分けて、産経ニュースに初掲載する。

 《取材は3月4日、川崎市で行われた。滋さんは杖(つえ)をつきながら、早紀江さんに支えられて姿をみせた》

 阿部雅美氏(以下、阿部)「本当に懐かしい。ここに最初にうかがったのは1997(平成9)年1月でした」

 《訪問は新潟市の自宅周辺で77(昭和52)年11月15日に行方不明になった横田さん夫妻の長女、めぐみさんについて取材するためだった》

 阿部「自宅には滋さんが一人でいらして、現場の地図を描いて説明してくださった。行方不明になったときの地元紙の記事など資料も全部出していただいた。今でもよく覚えています」

 《当時、「北朝鮮に拉致された13歳の少女」の情報があり、めぐみさんの可能性が高まると、元共産党議員秘書の兵本(ひょうもと)達吉氏が横田夫妻の自宅を探しだし、拉致の疑いを電話で一報していた》

 横田早紀江さん(以下、早紀江)「阿部さんは当時からまったくお変わりなくて」

産経新聞連載「私の拉致取材 40年目の検証」が書籍化。「メディアは死んでいた 検証・北朝鮮拉致報道」(本体1400円+税、発行・産経新聞出版)が5月23日発売。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ