PR

ニュース 国際

中国が月の裏側探査へ通信衛星打ち上げ成功 今年末に世界初の軟着陸計画

月の裏側探査プロジェクトを実施するため打ち上げられる通信衛星=21日、中国四川省の衛星発射センター(新華社=共同)
Messenger

 【北京=西見由章】中国当局は21日、四川省の西昌衛星発射センターで、国産運搬用ロケット「長征4号C」を使用し、通信衛星「鵲橋(じゃくきょう)」の打ち上げに成功した。中国は今年末、世界初となる月面裏側への軟着陸を計画しており、鵲橋は地球上との通信を中継する役割を担う。

 国営新華社通信によると、鵲橋は地球と月のそれぞれの重力などが釣り合い、双方と同じ距離を保ったまま静止できる「ラグランジュ点」付近に投入する。今年末に無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」を月の裏側に軟着陸させる際、地球上と通信するための中継衛星として利用する。月は自転と公転の周期が同じため、常に同じ面を地球側に向けている。

 中国は2030年までに米国やロシアと並ぶ「宇宙強国」となることを標榜。月面探査プロジェクトをめぐっては月の裏側への軟着陸のほか、探査機「嫦娥5号」が月面の土壌サンプルを持ち帰る計画もある。また海南省の「文昌宇宙発射場」では、25年前後に同発射場から有人宇宙船を打ち上げ、月面に「中国人の足跡を残す」探査計画を展示している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ