産経ニュース

【激動・朝鮮半島】「取材1人当たり300万円」ぼったくり? 北核実験場廃棄“ショー化”の恐れ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
「取材1人当たり300万円」ぼったくり? 北核実験場廃棄“ショー化”の恐れ

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は23~25日の間に北東部、豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄、外国メディアへの公開を予定している。非核化を行動で示す第一歩と位置づけられながら、韓国記者団の名簿受け取りを拒否するなど、政治的揺さぶりに利用。専門家の査察も受けつけず、自発的措置を強調した宣伝の場に仕立てようとする狙いが透けてみえる。

 「朝鮮半島非核化のためにわが国が主導的に講じている極めて有意義かつ重大な措置だ」。北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」は20日、核実験場の廃棄を「政治ショー」だと批判する韓国保守層に反発、廃棄の意義をこう強調した。

 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」によると、実験場近くの丘に坑道の爆破措置を観覧するための展望台とみられる施設を設置する動きが観測され、実験場廃棄に向けた準備は着々と進んでいるもようだ。

 核実験場の廃棄措置について、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「米朝首脳会談の成功のための相当な誠意」で、「南北首脳会談の約束の誠実な履行」だとして高く評価。トランプ米大統領も実施発表に謝意を示した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「取材1人当たり300万円」ぼったくり? 北核実験場廃棄“ショー化”の恐れ

関連ニュース

「ニュース」のランキング