PR

ニュース 国際

北朝鮮分析サイト「38ノース」、米のスティムソン・センター傘下に

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ワシントンの政策研究機関「スティムソン・センター」は17日、北朝鮮分析サイト「38ノース」を6月1日から傘下に置くことを明らかにした。

 同サイトはこれまでジョンズ・ホプキンズ大高等国際問題研究大学院(SAIS)傘下の「米韓研究所」(USKI)が運営していたが、同研究所が今月閉鎖されたのに伴い、新たな提携先を探していた。

 同研究所は、韓国政府系研究機関「対外経済政策研究院」(KIEP)から資金提供を受けていたが、人事問題をめぐって韓国政府関係者との対立の末に資金を断たれ、閉鎖を余儀なくされていた。

 同サイトは2010年に設立され、商業衛星写真に基づく北朝鮮の核開発の進展状況などに関する情報分析で定評がある。代表は国務省で北朝鮮との非核化交渉に関与したジョエル・ウィット氏。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ