産経ニュース

ベネズエラ「希望」に手届かず ハイパーインフレで経済悪化 大統領選迫るも…

ニュース 国際

記事詳細

更新


ベネズエラ「希望」に手届かず ハイパーインフレで経済悪化 大統領選迫るも…

品不足のイメージを避けるためか、ベネズエラの国営スーパーの棚には同一商品ばかりが並んでいた=2018年5月16日、ベネズエラ・カラカス 品不足のイメージを避けるためか、ベネズエラの国営スーパーの棚には同一商品ばかりが並んでいた=2018年5月16日、ベネズエラ・カラカス

 大統領選の投開票が20日に迫った南米ベネズエラ。首都カラカスでは選挙戦の熱気はほとんど感じられず、多くの人々は日々の暮らしに追われていた。「赤ん坊のミルクも買えない」「年金だけじゃ暮らしていけない」。わずかな現金を求めて銀行のATM(現金自動預払機)にできた長蛇の列からは生活困窮を訴える声は聞かれるが、選挙については口が重い。悪化し続ける経済の改善策が候補者たちから示されないうえ、独裁傾向を強めてきた反米左翼マドゥロ大統領の再選が予想される中、人々からは希望が失われつつある。(カラカス 住井亨介)

■「暮らしていけない」

 「もう3時間半も並んでいるわ」

 生後2カ月の女児ジャンケラリスちゃんを抱え、ATMの列に並んでいたマリソール・バラガスさん(27)は疲れ果てたようにこぼした。毎朝、子供を学校に送った後に列に並ぶが、一度に引き下ろせる上限額は2万ボリバル、日本円では約32円にすぎない。

 ハイパーインフレーションに歯止めがかからず、出回る紙幣の数が圧倒的に不足。数少ない紙幣を人々が奪い合うような状況だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベネズエラ「希望」に手届かず ハイパーインフレで経済悪化 大統領選迫るも…
  • ベネズエラ「希望」に手届かず ハイパーインフレで経済悪化 大統領選迫るも…

「ニュース」のランキング