PR

ニュース 国際

【トランプ政権】ポルノ女優への「口止め料」、トランプ氏が弁済 財務報告書で公表 前年は記載せず隠蔽?

トランプ米大統領(右)とポルノ女優ストーミー・ダニエルズさん(ロイター)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領との不倫を主張する米国のポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんにトランプ氏側から13万ドル(約1400万円)の「口止め料」が支払われた問題で、米政府倫理局は16日、トランプ氏が実際に支払いをした個人弁護士マイケル・コーエン氏に10万ドルから25万ドルを弁済したとする2017年分の財務報告書を発表した。

 コーエン氏は16年中に支払いを肩代わりした。財務報告書には負債を記載しなければならないため、昨年、トランプ氏が自発的に発表した16年分の報告書で公表する必要があったが、記載されていなかった。意図的に公表しなかったとして責任を追及される可能性がある。

 ダニエルズさんの弁護士はツイッターで、「米国民はコーエン氏やトランプ氏にだまされていた。(公表しなかったのは)偶然ではなく、隠蔽は重大だ」と批判した。

 トランプ氏はダニエルズさんとの不倫を否定しているが、今月初め、16年大統領選の直前にダニエルズさんの「嘘やゆすりを止めるため」に口止め料が支払われたことを知っていたと認め、コーエン氏に毎月の報酬で弁済を行ったと明らかにしていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ