PR

ニュース 国際

SM3ブロック2A、ICBMも迎撃実験の計画 日米共同開発ミサイル

Messenger

 米国防総省ミサイル防衛局のヒル副局長は16日の会合で、日米が共同開発した改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」について、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の迎撃実験を将来実施する計画だと明らかにした。

 北朝鮮の脅威に対抗する切り札とされるブロック2Aは短距離から中距離のミサイル迎撃を想定して開発されたが、より高速で飛ぶICBMの迎撃に利用できる可能性が指摘されていた。ICBMへの対処能力が実証されれば、米本土の防衛態勢の強化が期待できる。

 ヒル副局長は、ブロック2Aは生産段階に近づいているとの認識を示した上で「ICBMの迎撃実験は計画の一部だ」と述べた。実験の実施時期などの詳細は明らかにしなかったが、2020年末までに行われるとみられる。

 米軍は今年1月末にハワイ沖の施設からブロック2Aを発射したが、中距離弾道ミサイルを模した標的を撃墜できなかった。導入計画への影響も懸念されたが、ミサイル防衛局は性能に関わる重大な問題はなかったとの見方を示している。

 ブロック2Aは、海上自衛隊のイージス艦に配備されている現行のSM3ミサイルに比べ、速度が約5割増とされる。日本政府は21年度にブロック2Aを導入する予定。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ