産経ニュース

【激動・朝鮮半島】南北会談の無期延期を通知 北朝鮮、米韓訓練を非難 米朝首脳会談中止の可能性もちらつかせ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
南北会談の無期延期を通知 北朝鮮、米韓訓練を非難 米朝首脳会談中止の可能性もちらつかせ

会談を前に軍事境界線を挟み握手する韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団・共同) 会談を前に軍事境界線を挟み握手する韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団・共同)

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が16日に開催予定だった南北閣僚級会談を、米韓両軍が行っている定例の共同訓練「マックス・サンダー」を理由に、無期延期することを韓国側に通知してきた。韓国統一省が同日、発表した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信も16日、米韓共同訓練を非難、閣僚級会談の中止を表明した。さらに米国に対し「朝米首脳会談の運命について深思熟考すべきだ」と警告。米韓の今後の態度を見守るとし、6月12日に予定される米朝首脳会談の中止の可能性をもちらつかせた。

 また、共同訓練を「(4月27日の南北首脳会談で合意した)板門店宣言に対する露骨な挑戦であり、良好に発展している朝鮮半島情勢に逆行する故意の軍事的挑発だ」と非難。閣僚級会談中止の責任は全面的に韓国当局にあると主張した。

 韓国と北朝鮮は15日、閣僚級会談を16日に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開くことで合意していた。南北首脳会談後、初の閣僚級会談で、板門店宣言の履行に向け、今月中の将官級軍事会談や8月の離散家族再会行事の開催、北朝鮮の開城(ケソン)での共同連絡事務所の設置問題などが協議される見通しだった。

 統一省によると、韓国側は当初、14日の開催を打診したが、北朝鮮側が15日に16日の開催を提案したという。しかし、今回の無期延期の理由とした米韓共同訓練は11日から25日までの予定で既に始まっていた。

 22日には文在寅大統領が訪米し、トランプ米大統領との首脳会談で米朝首脳会談に向けた米韓間の調整が行われる。突然の一方的な中止通告は、米朝首脳会談をにらんだ北朝鮮の揺さぶりである可能性が高い。

 北朝鮮は23~25日に行う核実験場の廃棄・公開について15日、韓国の通信社と放送局の記者8人を招請すると通知したばかり。北朝鮮はその後、16日朝までにこの問題に触れておらず、韓国など5カ国のメディアへの公開は予定通り行われるとみられる。

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング