PR

ニュース 国際

教会で爆発、8人死亡 インドネシア、自爆テロか

爆発のあった教会から上がる煙=13日、インドネシア東ジャワ州スラバヤ(ERIS RISWANDI氏提供、ロイター)
Messenger

 インドネシア・ジャワ島の東ジャワ州の州都スラバヤにある三つのキリスト教教会で13日朝、相次いで爆発があった。州警察によると、少なくとも8人が死亡、38人が負傷した。警察は自爆テロとの見方を示している。

 警察によると、爆発は約30分の間に連続して起きた。日曜礼拝の時間を狙ったとみられる。犯行にオートバイが使われたとの情報もある。警察はスラバヤにある全ての教会に対し、礼拝を取りやめるよう指示した。

 インドネシアは国民の大半がイスラム教徒で、キリスト教徒は少数派。スラバヤはジャカルタに続く、インドネシア第2の都市。

 同国ではジャカルタ郊外西ジャワ州デポックの警察機動隊本部の拘置所で、8~10日に収容者のテロ容疑者による暴動が起き、警官5人と収容者1人が死亡した。(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ