PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】「23年に有事統制権移管」 韓国国防相が見通し

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相は12日までに、有事作戦統制権の米韓連合軍から韓国軍への移管について「2023年には移管される」との見通しを明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)政権で移管時期が示されたのは初めて。

 宋氏は11日、文在寅大統領に23年の完了を見込んだ国防改革案を報告。その後、国防関連の討論会で移管時期に言及した。先制攻撃能力、韓国型ミサイル防衛、報復能力の3軸体系が23年に完成するとし、「周辺国に中堅国家として完璧な国力を示し得る軍事力を持てるだろう」とした。来月の米朝首脳会談を念頭にした発言との見方もある。

 米韓は10年の韓国海軍哨戒艦沈没を受け、合意していた12年の移管を延期。14年には無期限延期となった。文氏は就任前に「任期中(22年)の移管」を訴え、就任後も自主国防に基づく移管を目指していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ