PR

ニュース 国際

マハティール氏がマレーシア首相に就任 1957年の独立後初の政権交代

10日、マレーシアの首都クアラルンプールで行った記者会見で、笑顔で質問に答えるマハティール氏(AP)
Messenger

 【クアラルンプール=吉村英輝】9日に投開票されたマレーシア下院選(定数222、任期5年)で、野党連合「希望連盟」を率いたマハティール元首相(92)は10日、議席の過半数の獲得を決め、新首相に就任した。1957年に英国から独立後、マレーシア初の政権交代を実現。かつて22年間にわたり政権を担ったマハティール氏が、首相に返り咲いた。中国への過度な依存からの脱却を図ることになりそうだ。

 選挙管理委員会によると、与党連合「国民戦線」の79議席に対し、希望連盟は113議席を獲得。共闘する東部サバ州の野党議席を含めると計121議席の安定多数を押さえた。

 マハティール氏はかつての長期政権で、日本の勤勉さに学ぶ「ルックイースト政策」を掲げ、東南アジアでいち早く経済発展を成し遂げる一方、米国と距離を置く政策を取った。

 ロイター通信によると、同氏は選挙で選ばれた指導者で世界最高齢になる。

 マハティール氏は10日会見し、「憲法や法の支配を尊重していく」と強調。かつて強権をふるい敵対してきた野党と、ともに政権を担っていく姿勢を示した。

 国民戦線を現職首相として率いて敗北したナジブ氏(64)も会見し、「国民の審判を受け入れる」と敗北を認めた。

 マハティール氏は2016年、かつて「師弟関係」にあったナジブ氏の資金流用疑惑を批判し、最大与党の統一マレー国民組織(UMNO)を離党、首相候補として野党連合を率いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ