PR

ニュース 国際

【日中韓サミット】日中が経済で歩み寄り、日韓と温度差

Messenger

 ただ、経済分野では日中が複数の協力覚書を交わす一方、日韓で大きな進展はなかった。「慰安婦や北朝鮮など政治的な課題の対応が優先され、日韓の経済協力については後回しにされた感がある」(与党関係者)。日本産食品の輸入規制緩和に動き出した中国に対し、同様に規制している韓国は逆に世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)で日本と争っており、「むしろ日韓に深い溝があることを印象づけた」(経済官庁幹部)。

 とはいえ、「政治的な障害が顕在化すれば、日中関係はすぐに瓦解(がかい)する危険性もある」(政府高官)。一帯一路の官民協力も、判断を誤れば覇権主義的な中国に手を貸すことになりかねない。対中包囲網の強化も求められる。(西村利也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ