PR

ニュース 国際

【金正恩氏再訪中】米朝、非核化の溝埋まらず 中国巻き込み神経戦

中国国営通信新華社が8日に配信した、中国遼寧省大連で会談する中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の写真(新華社=共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が短期間に2度の訪中に踏み切ったのは、米朝首脳会談を念頭に置いた行動であることが確実だ。非核化をめぐって「段階的措置」を求める金正恩氏に対して「恒久的な核廃棄」という高いハードルを下げないトランプ米政権。史上初の米朝首脳会談を控え、中国も巻き込んだ神経戦が繰り広げられている。

 「北朝鮮とは非常に内容のある協議をしている」。トランプ大統領は4日、記者団に米朝首脳会談の日程と場所は「決まった」としてこう述べ、間もなく発表するとした。

 だが、8日現在も何の発表もなく、金正恩氏は外遊をこなしていた。韓国では、具体的な非核化策をめぐる詰めの協議で米朝の溝が埋まっていないためだとの見方が出ている。

 「全ての核兵器や弾道ミサイル、生物・化学兵器、関連する計画を含めた北朝鮮の大量破壊兵器の完全かつ恒久的な廃棄を達成しようという共通目標を確認した」。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4日、ホワイトハウスで谷内正太郎国家安全保障局長と会談後にこう強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ