PR

ニュース 国際

【金正恩氏再訪中】米朝、非核化の溝埋まらず 中国巻き込み神経戦

Messenger

 ポンペオ国務長官も2日の宣誓式で「大量破壊兵器の恒久的かつ検証可能、不可逆的な廃棄」の実現を掲げた。これまで米国が求めてきた「完全な非核化」から「恒久的」とハードルが上がり、しかも生物・化学兵器を含めた大量破壊兵器に対象が拡大したのだ。

 完全な核放棄まで制裁・圧迫を緩めようとしない米国の姿勢にも、北朝鮮メディアは「情勢を白紙に戻す危険な試みだ」などと繰り返し非難。大連での習近平国家主席との会談で、金正恩氏は各国が「段階的、同時的措置」を講じた非核化を主張した。金正恩氏が非核化での段階的措置に最初に言及したのも、3月の習氏との初会談でだった。

 中国もこの発言を繰り返し公表することで「段階的措置」への支持を暗に表明した形だ。金正恩氏の今回の訪中は、米朝会談に求めるのは段階別に制裁の解除といった見返りが伴う措置であり、最初から生物・化学兵器にまで枠を広げた協議は拒否するとの意思を行動で示したといえそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ