PR

ニュース 国際

島の奪還想定し上陸訓練 米軍とフィリピン軍が演習 自衛隊も参加 「中国牽制の意図ない」

マニラのフィリピン軍司令部で開かれた開会式でフィリピン軍と米軍の合同演習「バリカタン」の旗を掲げる軍幹部ら=7日(AP)
Messenger

 フィリピン軍と米軍の定期合同演習「バリカタン」が7日、フィリピン各地で始まった。中国が進出する南シナ海の沿岸では、島を奪還する想定の上陸訓練も実施。フィリピン軍は「通常の演習の一環」として、中国牽制の意図はないと強調した。

 演習は18日までで、一部には自衛隊とオーストラリア軍も参加する。マニラのフィリピン軍司令部で開かれた開会式で、ロレンザーナ国防相は「安全保障上の脅威に対処するため、各軍や自衛隊の相互運用性に焦点を当てたい」と述べた。

 上陸訓練は、南シナ海に面したルソン島西部サンバレス州で実施する。同州沖には、フィリピンと中国が領有権を争うスカボロー礁(中国名・黄岩島)がある。

 今回は化学兵器による攻撃への対処訓練も加え、計8千人以上が参加。災害時の緊急対応や人命救助などの演習も実施し、自衛隊は約20人が施設補修と医療プログラムに参加する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ