PR

ニュース 国際

【北朝鮮情勢】圧力継続の日本を北が非難「1億年たってもわれわれの神聖な地は踏めない」「仲間外れ免れない」 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)
Messenger

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は6日の論評で、日本が北朝鮮への圧力維持を掲げながら、米国や韓国を通じ日朝対話を模索していると非難し「悪い癖を捨てない限り、1億年たってもわれわれの神聖な地を踏むことはできない」と主張した。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は南北首脳会談で「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたとされるが、北朝鮮メディアは対日批判を続けている。北が非核化に向けた具体的行動を取るまで最大限の圧力を維持すべきとする日本をけん制する狙いがあるとみられる。

 論評は、朝鮮半島を巡る議論で日本が蚊帳の外に置かれていると指摘した。その上で、「今のように制裁や圧迫を叫んでいては、いつまでたっても仲間外れの身を免れられない」と強調した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ