PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】韓国政府、北朝鮮非難ビラ散布を阻止 脱北者団体は「嘘の平和攻勢に酔っている」

記者会見する「自由北韓運動連合」の共同代表(左)=5日、韓国京畿道坡州(聯合=共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国内の脱北者でつくる団体「自由北朝鮮運動連合」は5日、南北軍事境界線に近い京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)市で、北朝鮮に向けて金正恩(キム・ジョンウン)体制を非難するビラを風船で飛ばそうとしたが、警察官約300人が出動し、阻止した。ビラ散布に反対する団体など約150人も集まり、一部が警察ともみ合う場面もあった。

 4月27日の南北首脳会談で合意した板門店(パンムンジョム)宣言には、5月1日から軍事境界線一帯でのビラ散布を含むあらゆる敵対行為を中止すると明記。韓国政府は脱北者団体に対し、ビラ散布は宣言に違反すると警告していた。

 団体側は「残忍な処刑や核・ミサイル挑発で世界を脅した金正恩が嘘の平和攻勢に出ると、韓国社会は平和の雰囲気に陶酔してしまった」と訴えた。阻止を予想し、3日未明に別の場所でビラ15万枚を既に散布したとも主張した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ