産経ニュース

米サイバー軍を格上げ 太平洋軍と同等、司令官に日系のナカソネ氏

ニュース 国際

記事詳細

更新


米サイバー軍を格上げ 太平洋軍と同等、司令官に日系のナカソネ氏

 4日、米サイバー軍司令官兼国家安全保障局局長に就任したポール・ナカソネ氏(米国家安全保障局提供・共同)  4日、米サイバー軍司令官兼国家安全保障局局長に就任したポール・ナカソネ氏(米国家安全保障局提供・共同)

 米戦略軍傘下のサイバー軍が4日、独立した統合軍に格上げされ、日系人のポール・ナカソネ陸軍大将(54)が新司令官に就任した。国家安全保障局(NSA)局長を兼務する。中国やロシアによるサイバー空間での脅威増大を受け、対処能力の強化を主導する。

 ロジャーズ海軍大将の後任。アジア系初のNSA局長、サイバー軍司令官となる。

 メリーランド州での交代式で壇上に立ったナカソネ氏は「サイバー空間では技術が激しく変容し、敵がかつてないほど米国を脅かしている」と指摘し、強力な体制の構築を呼び掛けた。

 サイバー軍は太平洋軍や欧州軍と同格となり、任務遂行に関して国防長官に直接報告する資格を得る。通信傍受など情報収集に当たるNSAと、サイバー空間での防御・攻撃を担うサイバー軍の任務を統合する新拠点も設置され、省庁間の垣根を越えた包括的な取り組みが加速しそうだ。(共同)

「ニュース」のランキング