PR

ニュース 国際

イラン、核合意再交渉を拒否 ザリフ外相、米に譲歩せず

イランのザリフ外相(ロイター)
Messenger

 イランのザリフ外相は3日、インターネット上に動画を投稿し、2015年に欧米など6カ国と結んだ核合意について「再交渉も追加も許さない」と強調した。核合意の「欠陥」の見直しを求めるトランプ米大統領が合意離脱の有無を決断する期限とした12日が迫る中、譲歩しない姿勢を改めて鮮明にした。

 一方、国営イラン通信は、イランのアラグチ外務次官らが3日にローマで英仏独伊の外交官と非公式の会談を行うと報じた。核合意の行方を協議するとみられ、妥協点を探るための外交努力が続いている。

 ザリフ氏はフランスのマクロン大統領がイランの弾道ミサイル開発の制限などを含めた「新たな合意」を提唱したことを念頭に、欧州がイランに負担を押し付け、米国に譲歩していると非難。イランは核合意を着実に履行してきたと訴え、トランプ氏にも順守するよう求めた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ