PR

ニュース 国際

世界の軍事費1・1%増 制裁のロシアは2割減で4位に後退 

Messenger

 【ロンドン=岡部伸】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は2日、2017年の世界の軍事費(一部推計値)は1兆7390億ドル(約189兆円)で前年比1・1%増だったと発表した。中国による南シナ海進出などで緊張の高まるアジアでの増加が目立った。

 世界の軍事費が世界の国内総生産(GDP)に占める割合は2・2%、1人当たり230ドルの支出となった。

 17年の国別トップは6100億ドルの米国で全体の35%。2位は2280億ドルの中国で13%。この2カ国でほぼ半分を占めた。アフガニスタン、イラクからの部隊撤退で軍事費を減らしてきた米国は、17年はほぼ横ばい。一方、中国は前年比5・6%増となった。

 16年に世界3位だったロシアは前年比20%減の663億ドルと4位に後退。1998年以来の減少で、SIPRIは「原油・天然ガスの価格低迷や2014年から続く制裁で経済に負担がかかり、軍事費が削減された」と分析した。

 紛争が目立つ中東情勢を反映し、サウジアラビアは前年比9・2%増の694億ドルで3位に浮上した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ