PR

ニュース 国際

「徴用工像」設置めぐり釜山の日本総領事館前でにらみ合い 市民団体の動きを警察阻み騒然

1日、釜山の日本総領事館前への設置を阻止され、警察に取り囲まれた「徴用工」の像(名村隆寛撮影)
Messenger

 【釜山=名村隆寛】韓国・釜山の日本総領事館前で1日、日本の朝鮮半島統治下で「強制された」という「徴用工」の像の設置を強行しようとする市民団体と、これを阻止する警察の間でにらみ合いが続いた。

 像の設置について日本政府は、韓国政府に対し、「不適切である」との立場をくりかえし伝えており、韓国外務省は市民団体に自制を要請している。

 市民団体は4月30日夜、現場への像の搬入を試み、警察によって阻止されたが、5月1日午前にも像を持ち込んだ。

 像は警察隊によって取り囲まれ、設置は食い止められているが、市民団体側の怒声が響くなど現場は騒然としている。

 市民団体では、総領事館近くで午後に大規模な集会を予定している。警察では総領事館前への接近を引き続き阻止する構えだ。

 日本総領事館前には、慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神に反する形で、2016年12月に慰安婦像が設置された。日本の抗議にもかかわらず、像はそのまま置かれており、以後、日韓関係は悪化している。

 労働組合を中心とした市民団体では、メーデーの1日を目指し、昨年から徴用工像の設置計画を進めていた。今回、像が設置されれば、日韓関係への悪影響は必至だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ