PR

ニュース 国際

トランプ米大統領、イラン核合意破棄なら「北への正しいメッセージ」 核開発容認しない姿勢打ち出す

 4月30日、米ホワイトハウスで、ナイジェリアのブハリ大統領と共同記者会見を行うトランプ大統領(AP)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は4月30日、2015年のイラン核合意を「米国にとってひどい合意だ」と重ねて批判するとともに、米国が離脱して合意が破棄されることになれば北朝鮮に対して「正しいメッセージを送ることになる」と主張し、核開発を容認しない姿勢を強く打ち出した。訪米中のナイジェリアのブハリ大統領とホワイトハウスで開いた共同記者会見で語った。

 トランプ氏は5月12日までに核合意への対処方針を決める予定で、米政府として約束を破る形になれば、北朝鮮の非核化に関する合意も難しくなるとの指摘がある。トランプ氏は核合意で25年に核開発制限が一部解除されることを挙げ、「7年後にイランは自由に核兵器を作れるようになる」と危機感を示した。

 だが、核合意を離脱するかは明確にしなかった。フランスのマクロン大統領らが米国を核合意に留めるため模索している弾道ミサイル開発制限などを加えた新合意に関しても「交渉しないわけではない」と述べた。トランプ氏は30日、マクロン氏との電話会談でイラン問題を協議した。

 イスラエルのネタニヤフ首相は30日、イランが核合意以前に核兵器開発を進めていた「証拠」を入手したと主張した。ホワイトハウスはイスラエルの情報を「慎重に検討している」とする声明を発表したが、トランプ氏は記者会見でネタニヤフ氏の指摘を踏まえ、「容認できない状況だ」とイランを批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ