PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】トランプ大統領「板門店」前向き検討 「シンガポール」も有力と

 4月30日、米ホワイトハウスで、ナイジェリアのブハリ大統領と共同記者会見を行うトランプ大統領(AP)
Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は4月30日、ナイジェリアのブハリ大統領との会談後の共同記者会見で、6月初旬までに見込まれる米朝首脳会談の開催場所として、南北の軍事境界線がある板門店の韓国側施設やシンガポールが候補となっていることを明らかにした。

 トランプ氏は米朝首脳会談について「行われる。成功すると思う」との見通しを表明。その上で、朝鮮半島の分断を象徴する板門店の韓国側施設である「平和の家」や「自由の家」での会談実施について、「もし成功すれば、現地でのお祝いは素晴らしいものになる」と述べ、前向きに検討していることを明かした。

 板門店での開催案については、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を通じて北朝鮮に伝え、北朝鮮と連絡を取り合っているとした。

 ただ、トランプ氏は板門店での開催について「賛否両論がある」として、政権内に第三国で行うことを望む声があることをにじませ、「シンガポールを含む複数の国について検討中だ」と語った。

 トランプ氏はまた、北朝鮮が核実験場の閉鎖や核・弾道ミサイル実験の停止などを表明したことを評価した上で、「米国が朝鮮半島の核兵器を除去する可能性にかつてないほど近づいた」と強調した。

 同氏はさらに、北朝鮮との交渉で非核化に向けた合意ができなければ「謹んで立ち去るだけだ」と指摘し、北朝鮮を牽制(けんせい)した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ