PR

ニュース 国際

【朝鮮半島・私はこうみる】「北朝鮮の核放棄、今が最大の好機」 慶応大・礒崎敦仁准教授

慶応大の礒崎敦仁准教授
Messenger

 北朝鮮メディアは、南北首脳会談の前から韓国との関係改善を強く示唆してきた一方、対米関係については顕著な論調の変化がない。トランプ米大統領への名指し批判が消えたことくらいだろうか。しかし北朝鮮は、これまで対米抑止力として体制維持に必須だと考えてきた核兵器の放棄も視野に入れているように見える。ただ、米国から得られる相応の代価がなければ、莫大なコストと年月をかけた核兵器を簡単には手放すわけがない。トランプ政権やそれ以降の米政権が将来にわたって北朝鮮を攻撃することがないという、「体制の安全の保証」について確証が得られれば、大きく踏み込むということだろう。

 核も大陸間弾道ミサイルも放棄する気はなく、時間稼ぎだけのために米朝首脳会談を開催すれば、トランプ大統領を今まで以上に怒らせる可能性は高い。金正恩委員長は、そのリスクを承知しているはずだ。しかも南北首脳会談では、「完全な非核化」についての方針を確認し、核実験場の廃棄について、新たに2つの坑道の存在まで明らかにして本気度が高いことをアピールした。本気度が高いと見せつけるほど、米国側の期待を裏切ったときの報復も大きくなるだろう。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ