PR

ニュース 国際

【南北首脳会談】金正恩氏「いつでも日本と対話行う用意」 文在寅大統領明かす

Messenger

 首相は電話会談後、南北会談に同席した韓国の徐薫国家情報院長と官邸で面会し、南北会談の詳しい報告を受けた。首相は冒頭「今後も日韓で協力していきたい」と語った。

 日朝会談をめぐっては、日本政府は「直接、対話しないと拉致問題は解決しない」(政府高官)として実現に意欲を示している。ただ、北朝鮮が拉致問題を含む包括的解決へ具体的な行動をとるのか慎重に見極める構えで、それまでは国際社会と連携して「最大限の圧力」をかけ続けていく方針だ。

 首相は28日深夜にはトランプ米大統領と電話で会談し、「北東アジアの平和と安定に向けた歴史的な一歩だ」として南北会談を評価。米朝首脳会談が成功するよう協力していくことを確認した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ