PR

ニュース 国際

【南北首脳会談】兄の補佐役で妹の金与正氏が存在感 顔を赤くする場面も

韓国側施設「平和の家」で文在寅大統領との会談に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と金与正党第1副部長=27日、板門店(韓国共同写真記者団)
Messenger

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が27日行った首脳会談で、正恩氏の妹の金与正党第1副部長が並み居る幹部らを代表して会談に同席し、兄の補佐役として存在感を示した。

 与正氏は、正恩氏が板門店の北朝鮮側施設「板門閣」を出て軍事境界線を越え、韓国側施設「平和の家」に向かう間、そばに寄り添って歩き、正恩氏を見守った。韓国の小学生が正恩氏に歓迎の花束を渡すと、それを正恩氏から横で受け取ったり、正恩氏が芳名録に記帳する際、準備してきた黒いペンを差し出したりして補佐した。

 会談場では、金永南最高人民会議常任委員長ら最高指導部の随行員を代表して、金英哲党副委員長と共に着席。正恩氏の冒頭発言をメモした。与正氏は2月に特使として訪韓、文氏と会談し、注目が高まった。27日の会談前、文氏が与正氏について「南側でスターになった」と紹介すると笑いが起き、与正氏は顔を赤くしたという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ