PR

ニュース 国際

【南北首脳会談】金正恩氏、未明のミサイル発射などで「もうたたき起こさない」と確約

首脳会談会場の「平和の家」に飾られた絵「北漢山」の前で記念撮影した、金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=27日、板門店(韓国大統領府提供)
Messenger

 【高陽(コヤン)(韓国北西部)=時吉達也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日午前、軍事境界線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約1時間40分会談した。金委員長は会談の冒頭「北南(南北)関係の新たな歴史を描く出発点で、号砲を鳴らす思いだ」とあいさつした。南北首脳会談は2007年10月以来10年半ぶりで、金委員長体制では初めて。

 金委員長は午前9時29分、軍事境界線で出迎えた文氏と握手を交わし、徒歩で境界線を越えた。午後の会談終了後、共同宣言を発表する見通し。

 金委員長は北朝鮮指導者として初めて韓国側に入った。金委員長に誘われる形で、文氏も短時間、軍事境界線の北朝鮮側に足を踏み入れた。両首脳の初対面は生中継され、南北融和を国内外に印象付けた。

 首脳会談は同10時15分ごろ始まった。韓国側は任鍾●(=析の下に日)(イム・ジョンソク)大統領秘書室長と徐薫(ソフン)国家情報院長、北朝鮮側は金委員長の妹、金与正(ヨジョン)党第1副部長と金英哲(ヨンチョル)党副委員長が同席した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ