PR

ニュース 国際

【南北首脳会談】手をつなぎ、北朝鮮側にも“越境” 初対面の金正恩氏と文在寅氏

南北首脳会談を前に軍事境界線を挟み握手する韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=27日、板門店(板門店共同映像取材団・共同)
Messenger

 【高陽=桜井紀雄】27日午前、板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「板門閣」から姿を見せた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、北朝鮮側一行とゆっくり建物の階段を降り、南北軍事境界線に向かった。

 境界線を挟んで韓国側で待つ文在寅(ムン・ジェイン)大統領の姿を認めると、金委員長は、満面の笑みを浮かべた。両首脳は、軍事境界線を示す幅約50センチ、高さ約5センチのコンクリート製の縁石を挟んで右手でしっかりと握手し、初めての会話を交わした。

 午前9時29分、金委員長が縁石をまたいで韓国側に入った。南北分断後、北朝鮮の最高指導者が初めて韓国側に入った瞬間だった。

 ソウル郊外の高陽(コヤン)市に設置されたプレスセンターでは「おー」というどよめきとともに拍手がわき起こった。プレスセンターには内外の約1000人の記者らが入っている。

 文氏が歩き出そうと手を差し出したところ、金委員長も手を差し出し、言葉を交わすと、2人は手をつないで北朝鮮側に向かって縁石を越えた。

 北朝鮮側への“越境”は金委員長が提案したとみられ、即興の判断を示し、リーダーシップを見せようとしたとも考えられる。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ