PR

ニュース 国際

家出の豪12歳、バリで豪遊 親のクレジットカード使用 警察は監視体制を見直し

Messenger

 オーストラリア・シドニー在住の少年(12)が親のクレジットカードを持って家出し、一人で飛行機に乗ってインドネシア・バリ島へ渡り4日間過ごす騒動があった。約8千豪ドル(約66万円)を使う“豪遊”ぶり。空港や機内で止められることもなく、警察は監視体制を見直すなど再発防止に乗り出すとしている。オーストラリアのメディアが25日までに伝えた。

 少年は3月、母親と口論した後「学校へ行く」と告げ自宅を出た。祖母をだまして自分の旅券を持ち出し、オーストラリア西部パース経由でバリ島に向かった。搭乗者のチェックが比較的甘い格安航空会社を利用した。

 バリ島での入国審査は、「親が外で待っている」と切り抜け、ホテルでは「姉が後から来る」と説明してチェックイン。滞在中、プールで遊んでいる動画をインターネットに公開したことで位置情報が分かり、現地警察が保護した。ビールを飲んだり、スクーターを借りたりもしていた。少年は「冒険したかった」と話しているという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ