PR

ニュース 国際

「6月中旬以降に閣僚級協議」 日米新貿易協議で茂木敏充経済再生担当相

18日の日米首脳会談に臨む安倍首相(左端)とトランプ米大統領(右端)=米フロリダ州パームビーチ(代表撮影)
Messenger

 茂木敏充経済再生担当相は24日の閣議後の記者会見で、18日の日米首脳会談で合意した新しい貿易協議「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための日米協議」に関し、「国会の日程や日米双方の準備などを考えれば、閣僚級協議のスタートが6月中旬以降になる」との見通しを示した。茂木氏は、日本側の交渉担当をつとめる。

 また、米側が自由貿易協定(FTA)交渉を求めてくる可能性があることについて、茂木氏は「われわれは、2国間のFTAは念頭に置いておらず、この点は首脳会談でも強調した」と指摘。関係国と緊密に連携しながら、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の早期発効を目指す立場に「変わりない」と述べた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ