PR

ニュース 国際

中国企業に1千億円出資か ソフトバンク、米報道

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
Messenger

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は23日、ソフトバンクグループが主導する投資ファンドが、トラックの配車サービスを手掛ける中国企業「マンバン・グループ」に10億ドル(約1090億円)を出資する見通しだと報じた。関係者の話としている。

 マンバンには、IT大手グーグルの持ち株会社アルファベットが設けた投資ファンドも出資を検討。ソフトバンク側と合わせた出資額は、計約19億ドルに上るとみられる。

 マンバンは荷物を送りたい人と、トラック運転手を結びつけるアプリを運営している。出資によって調達した資金は、事業拡大に活用する。

 マンバンには、中国のIT大手、騰訊控股(テンセント)なども出資している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ