PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】「拉致解決に協力を」「徴用工像は不適切」 金杉憲治アジア大洋州局長が韓国側と協議

会談を前に握手する金杉憲治・外務省アジア大洋州局長(右)と李度勲・韓国外務省朝鮮半島平和交渉本部長=23日、ソウル(共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は23日、ソウルで韓国外務省の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談し、北朝鮮が発表した核やミサイルの実験中止などを「前向きな動き」と歓迎する日本政府の立場を伝えた。

 日韓双方は、北朝鮮の具体的な行動につながるよう情報収集や分析をしていくことで一致。27日の南北首脳会談に向けた今後の日韓の方針をすり合わせた。金杉氏は拉致問題の解決に向けた韓国政府の協力を重ねて要請した。

 また、金杉氏は同省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長とも会談し、釜山の日本総領事館前に市民団体が「徴用工像」の設置を計画していることに対し「不適切」との日本政府の懸念を伝えた。

 一方、米国務省のソーントン次官補代行も23日、ソウルで尹淳九(ユン・スング)外務次官補らと会談し、南北、米朝首脳会談に向け意見交換した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ