PR

ニュース 国際

【北の核実験場廃棄声明】西岡力教授 「拉致問題も全員救出へ向けた重要な転換点迎える」

西岡力氏(原田史郎撮影)
Messenger

モラロジー研究所教授で拉致被害者を救う会の西岡力会長の話

 「北朝鮮の核ミサイル技術体系は開発途上との分析がある。昨年、弾道ミサイル発射実験を繰り返し、9月に核実験を行った後も、金正恩朝鮮労働党委員長自身が『課題がある』と認めていた。こうした中で実験中止を表明したのは、北朝鮮が米国の軍事的圧力に相当深刻な危機を感じていたのだろう。首脳会談を控えた米国と韓国に譲歩したメッセージともとれるものの、今回の表明の方向性は既定路線だったといえる。核実験場廃棄も言及されたが、米国は『不可逆的な核廃棄』が大前提。首脳会談を前に米朝間で行われている水面下の事前交渉で、米側は交渉中止も辞さない厳しい態度で臨んでいる。日米が求める完全な核廃棄に北朝鮮が応じたとき、拉致問題も被害者の全員救出へ向けた重要な転換点を迎えるだろう」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ