PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】日米防衛相「全ての弾道ミサイル放棄」要求を確認 対北圧力は維持

マティス米国防長官(右から2人目)と会談する小野寺防衛相(左端)=20日、米国防総省(ロイター)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の小野寺五典防衛相は20日、マティス米国防長官と国防総省で会談し、6月初旬までに開催が見込まれる米朝首脳会談で、米側が北朝鮮に対し、核兵器に加え、日本を射程に入れる中・短距離を含む「全ての弾道ミサイルの放棄」を求めることを確認した。北朝鮮への「最大限の圧力」の維持でも一致した。

 小野寺、マティス両氏は北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的な方法」で核廃棄を求めていく方針を改めて確認した。小野寺氏は米英仏が化学兵器使用を理由に実施したシリア攻撃について、「北朝鮮に対する強力なメッセージになった」と述べた。

 一方、マティス氏は会談の冒頭で北朝鮮の核・ミサイル開発に加えて日本人拉致問題に触れ、米朝対話を前に「平和への道筋について注意深く見直すのと同時に、警戒を怠らない」と述べ、米政府として慎重に対応することを約束した。

 マティス氏はまた、米側記者団から米朝協議の結果として日本との防衛協力を縮小する可能性を問われ、「米国は日米関係への関与を減らさない」と答えた。小野寺、マティス両氏は在韓米軍も含めた抑止力維持の重要性を確認した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ