PR

ニュース 国際

トランプ氏、米朝高官の接触認める 会談場所は5カ所に絞り込み 米朝会談開催されない可能性に言及

会談でトランプ米大統領と握手する安倍首相=17日、米フロリダ州パームビーチ(共同)
Messenger

 【パームビーチ=加納宏幸】トランプ米大統領は17日、5月か6月初旬に予定する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談を前に、米国が「北朝鮮との極めて高いレベルでの直接協議を始めている」と述べ、高官級での接触を始めたことを認めた。南部フロリダ州パームビーチの別荘「マールアラーゴ」で開かれた安倍晋三首相との日米首脳会談に際し、記者団の質問に答えた。

 CNNテレビは今月7日、米中央情報局(CIA)と北朝鮮情報機関の偵察総局が接触し、首脳会談の準備を進めていると伝えていたが、トランプ氏がいう「高いレベル」と一致しているかは不明だ。

 トランプ氏は、米朝会談の予定地として米国内を除く5カ所が検討されていることも明らかにした。時期については「おそらく6月初旬かその少し前」になると述べた。また、会談の実現可能性に関しては「物事がうまくいかず開かれないかもしれないし、強く前に進むかもしれない。何が起こるかをみることにする」と語り、開催が見送られる可能性を示唆した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ