PR

ニュース 国際

【環球異見】米中貿易戦争が「勃発」 ウェルト(ドイツ)「敗者に間違いなく含まれる欧州」

昨年11月、北京の人民大会堂で行われた経済関係のイベントで席を並べるトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(AP)
Messenger

 米国と中国の通商摩擦が激化し、「貿易戦争」という言葉まで飛び交っている。まず鉄鋼・アルミニウムに高関税をかけるとして口火を切ったのはトランプ米政権だが、米紙は「貿易戦争は米国の企業や農家、労働者も傷つける」と指摘。中国の官製メディアは徹底抗戦を訴える一方で、「対外開放が米国への圧力にもなる」と一歩下がって説き、独紙は「米中の争いでばかを見るのは欧州」と強い懸念を示した。

 「貿易戦争でばかをみるのは欧州かもしれない」-。独紙ウェルトは7日付1面トップでこんな見出しの解説記事を掲載し、「米中の対決の敗者には間違いなく欧州が含まれるだろう」と強い懸念を示した。

 欧州連合(EU)は米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限の適用を当面回避した。だが、同紙は「EUは第三者のように議論から身を引いた」が、「(米中の)争いから簡単には免れられない」とし、米側が中国の制裁対象である農業を支援すれば、欧州の農産品は競争力が相対的に低下し、不利に働くと例示した。欧州では制裁対象の製品の流入や米中経済の悪化による欧州への影響を懸念する声もある。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ