産経ニュース

【シリア攻撃】米英仏、正当性を強調 シリアに再攻撃警告 化学兵器使用に「代償」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア攻撃】
米英仏、正当性を強調 シリアに再攻撃警告 化学兵器使用に「代償」

訪問先のペルーの首都リマで記者会見に臨むペンス米副大統領=14日(AP) 訪問先のペルーの首都リマで記者会見に臨むペンス米副大統領=14日(AP)

 トランプ米大統領、メイ英首相、フランスのマクロン大統領は14日、2国間でそれぞれ電話会談し、3カ国が共同で行ったシリアのアサド政権への攻撃は成功したと確認した上で「アサド政権に化学兵器使用をやめさせるために必要だった」と正当性を強調した。各国政府が発表した。攻撃を「国際法違反」と非難するロシアやアサド政権に反論した。

 ペンス米副大統領は14日、訪問先のペルーの首都リマで、シリアのアサド政権が再び化学兵器を使えば「代償を払うことになる」と記者団に述べ、追加攻撃を重ねて警告。アサド政権を支えるロシアについて「間違った側にいる。化学兵器に反対する国々に加わるべきだ」と訴えた。

 一方、国連安全保障理事会は14日、米英仏3カ国によるシリア攻撃を非難するロシア提出の決議案を3カ国などの反対多数で否決した。この日の緊急会合では、3カ国とロシアが再び衝突し、非難の応酬となった。(共同)

このニュースの写真

  • 米英仏、正当性を強調 シリアに再攻撃警告 化学兵器使用に「代償」

関連ニュース

「ニュース」のランキング