産経ニュース

【シリア攻撃】対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア攻撃】
対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス

シリア空爆のため、離陸する仏戦闘機「ダッソー・ラファール」=13日、仏東部サン=ディジエ空軍基地(AP) シリア空爆のため、離陸する仏戦闘機「ダッソー・ラファール」=13日、仏東部サン=ディジエ空軍基地(AP)

 【ロンドン=岡部伸、パリ=三井美奈】米国が単独で実施した昨年4月のシリア攻撃とは異なり、今回は英国とフランスが軍事作戦に参加した。シリアのアサド政権を擁護するロシアとの対立を背景に、英政府が国内の慎重論を押し切り参加に踏み切った一方、フランスは対露関係悪化を回避したい姿勢をにじませた。

 「化学兵器を使用しても責任を問われないと考える者への明確なシグナルだ」。メイ英首相はシリアへの空爆実施について説明した14日のテレビ演説で、英南部での元スパイ襲撃事件に関与したと英国が指摘するロシアを牽制(けんせい)した。

 欧州連合(EU)離脱に伴い、地域での存在感低下が懸念される英国。2014年のウクライナ危機以降、サイバー攻撃や選挙介入などロシアによる欧州への攻勢が相次いで指摘される中、ロシアへの強硬姿勢を貫く事で影響力を回復する狙いがあるとみられる。

 ただ、攻撃に際し議会の承認が必要だったとする声も強まっており、今後野党労働党を中心に首相を追及する動きも出てきそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス
  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス
  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス
  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス
  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス
  • 対露でそれぞれの思惑…慎重論押し切った英国、衝突回避姿勢にじむフランス

「ニュース」のランキング